本人確認について

 住民基本台帳法、戸籍法の改正に伴い、平成20年5月1日から、住民票の写しや戸籍謄抄本等の証明書を取得するときや、転入・転出など住民異動の届出、婚姻届など戸籍の届出のときに本人確認をすることが法律で義務付けられました。

近年全国的に、他人になりすまして証明書の取得をする、虚偽の届出をする等の事件が多発しています。今回の改正はこれを未然に防ぐために、本人確認を強化するよう決定したものですので、ご協力をよろしくお願いします。

 

本人確認書類とは

●写真付きの公的機関発行のもの
 運転免許証、個人番号カード、パスポート、住民基本台帳カード等

●写真のないもの【2種類以上必要です】
 健康保険証、通知カード、年金手帳、年金証書等


 

お問い合わせ

住民福祉課
住民生活班
電話:0738-65-0201