特別児童扶養手当制度

1063.gif特別児童扶養手当とは、20歳未満で身体や知的または精神に中程度以上の障害もしくは長期にわたる安静を必要とする病状にある児童を監護している父もしくは母、または父母に代わって児童を養育している方に対して手当を支給する制度です。

※認定、支給等はすべて和歌山県が行います。
※和歌山県障害福祉課ホームページ http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/040400/

手当の額

障害の等級に応じて支給されます。(障害程度1級、2級の方のみ

※平成28年全国消費者物価指数の実績値(対前年比-0.1%)により変動しています。

児童一人につき(月額)

 平成28年度平成29年度
1級 51,500円 51,450円
2級 34,300円 34,270円

支払日

手当は、認定請求をした日の属する月の翌月分から支給されます。

支 払 期 4月期8月期12月期(※)
支 払 日 4月11日 8月11日 12月11日
支給対象月 12月分~3月分 4月分~7月分 8月分~11月分

支払日が土・日・祝祭日にあたるときは、その直前の金融機関の営業している日となります。

※12月期は、11月11日から受け取ることができます。

申請手続き

 請求者の住所地の窓口で、次の必要書類を添えて申請手続きを行ってください。

申請に必要なもの

  1. 特別児童扶養手当認定請求書
  2. 請求者と対象児童の戸籍謄本
  3. 請求者と対象児童の世帯全員の住民票
  4. 対象児童の障害程度についての医師の診断書(指定の様式)
    ※診断書を省略できる場合もあります。
  5. 請求者名義の通帳と印鑑
  6. その他事由により必要な書類

お問い合わせ

住民福祉課
住民生活班
電話:0738-65-0201
ファクシミリ:0738-65-3507