児童扶養手当制度

1062.gif

児童扶養手当は、父または母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立の促進のために手当を支給し、児童の福祉の増進を図ることを目的とした制度です。

※認定、支給等はすべて和歌山県が行います。

※和歌山県子ども未来課ホームページ http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/040200/katop_index.html

受給できる方

次のような児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者または20歳未満で一定の障害のある者)を監護している母、児童を監護しかつ生計を同じくしている父、または母(父)に代わって養育している方

  1. 離  婚・・・父母が婚姻を解消した児童
  2. 死  亡・・・父(母)が死亡した児童
  3. 障  害・・・父(母)が一定の障害にある児童
  4. 生死不明・・・父(母)の生死が明らかでない児童
  5. 遺  棄・・・父(母)が引き続き1年以上遺棄している児童
  6. 保護命令・・・父(母)がDV保護命令を受けた児童
  7. 拘  禁・・・父(母)が引き続き1年以上拘禁されている児童
  8. そ の 他・・・母が婚姻によらないで懐胎した児童、棄児など

手当の額

※平成28年全国消費者物価指数の実績値(対前年比-0.1%)により変動します。

児童一人につき(月額)

 

 平成28年度平成29年度
全部支給 42,330円 42,290円
一部支給

42,320円

~9,990円

42,280円

~9,980円

第2子、第3子以降の加算額は下記の通りです。

※手当の額は、請求者・生計同一の扶養義務者の所得による制限があります。

 

≪第2子加算額≫ 平成29年度    ≪第3子加算額≫ 平成29年度

全部支給  9,990円           全部支給   5,990円

一部支給 9,980円~5,000円    一部支給  5,980円~3,000円

  

   

 児童扶養手当の一部支給額の計算式(平成29年度以降)

 

◆第一子

42,290円-((所得額-所得制限限度額)×0.0186705+10円)

10円未満四捨五入 

◆第二子

 9,990円-((所得額-所得制限限度額)×0.0028786+10円)         

10円未満四捨五入                               

◆第三子

 5,990円-((所得額-所得制限限度額)×0.0017225+10円)

10円未満四捨五入

 

          <参考>所得制限限度額(平成29年度)

扶養親族等の数

受給資格者本人

孤児等の養育者/
  配偶者/扶養義務者

全部支給

一部支給

全部支給

0

190,000

1,920,000

2,360,000

1

570,000

2,300,000

2,740,000

2

950,000

2,680,000

3,120,000

                     

 

 

 

 

 

支払日

手当は、認定請求をした日の属する月の翌月分から支給されます。

支払期 4月期8月期12月期
支払日 4月11日 8月11日 12月11日
支給対象月 12月分~3月分 4月分~7月分 8月分~11月分

支払日が土・日・祝祭日にあたるときは、その直前の金融機関の営業している日となります。

申請手続き

請求者の住所地の窓口で、次の必要書類を添えて申請手続きを行ってください。

申請に必要なもの

  1. 児童扶養手当認定請求書
  2. 請求者と対象児童の戸籍謄本
  3. 請求者と対象児童の世帯全員の住民票
  4. 公的年金調書
  5. 請求者名義の通帳と印鑑
  6. 窓口チェック表
  7. その他事由により必要な書類

お問い合わせ

住民福祉課
住民生活班
電話:0738-65-0201
ファクシミリ:0738-65-3507