緊急通報システム事業

ペンダントは心のささえ

緊急通報システム事業 この事業は,高齢者等が発作,急病,事故などのとき,緊急通報システムを利用することにより,緊急時における不安感を解消し,安心した生活が確保できることにより福祉の増進を図ることを目的としています。

通報のしくみ

 高齢者等にペンダントを身に付けてもらい,居住している建物内にはコントローラーを設置します。(ペンダントは建物内で持ち運びが自由な無線方式です) 緊急時にペンダントを押すと,協力員へ通報されます。

設置できる方

1. 病弱独居高齢者を対象(以下のすべての条件を満たす者)

(1)概ね65歳以上のひとり暮らしで病弱な方
(2)電話が設置されていること
(3)3人の協力員が得られること

2.独居重度身体障害者を対象(以下のすべての条件を満たす者)

(1)ひとり暮らしで身体障害者手帳1・2級の所持者(年齢は問いません)
(2)電話が設置されていること

お問い合わせ

住民福祉課
保健福祉班
電話:0738-65-0201