生活保護とは

生活保護とは

627.gif生活保護制度は、何らかの原因によって生活に困窮している人に対して国の責任において、最低限度の生活を保障するとともに、あわせて、その自立を助長することを目的とする制度です。

生活保護の種類

生活保護の種類は、次の8種類です。

1)生活扶助 5)介護扶助
2)教育扶助 6)出産扶助
3)住宅扶助 7)生業扶助
4)医療扶助 8)葬祭扶助


生活保護制度を受けるために必要な要件

生活保護制度は、国民の最低限度の生活水準を保証するものですが、当然のことながら最小限の要件が必要です。

  1. 資産・能力・その他あらゆるものを最低生活の維持のために活用することが必要です。
  2. 扶養義務者の扶養を受けられるときは、まずその扶養を受けることが必要です。
  3. 他の法律または制度による保障・援助などを受けることができるときは、まずその保障・援助などを受ける必要があります。

*いろいろな事情で生活に困り、生活保護を受けたいときは本人あるいは扶養義務者または同居の親族の方からの申請が必要です。
*まず、生活保護を受けようとする本人の住んでいる地区の民生委員に相談して、その指示にしたがってください。

お問い合わせ

住民福祉課
住民生活班
電話:0738-65-0201