寄付金控除について

税金の控除の計算方法

yura_icon2.JPG地方公共団体に対する寄付金制度(税金控除の計算方法)です。

所得税の控除は下記のようになります。

次のいずれかの低い方の金額 - 2千円 = 寄付金控除額

     ue.gif
(寄付金の合計金額、年間所得金額等の40%相当額)

住民税の控除は下記のようになります。

【寄付額-5千円】×10%+【寄付額-5千円】×(90%-0~40%)=寄付金控除額
sita.gif
限度額:住民税所得割の1割
sita.gif
所得税の税率

控除対象限度額:総所得額の30%
(地方公共団体に対する寄付金以外の寄付金額との合計金額)

税金の控除の例

yura_icon3.JPGもし、4万円の寄付をして頂いた場合の控除金額の計算例です。
 (給与収入700万円・所得税率10%とします)

  1. 平成25年中に由良町へ4万円寄付
  2. 由良町から寄付金の受領書の送付
  3. 寄付金控除の確定申告(平成25年確定申告 平成26年実施)
    『2.由良町からの寄付金受領書』により申告してください。

    所得税の控除
    (40,000 - 2,000)
    寄付額下限額
    × 10%
    所得税の税率
    3,800
    所得税からの控除額
  4. 所得税の還付 ・・ 3,800 円
  5. 申告書(税務署からお住まいの市役所・役場へ)
  6. 住民税確定通知(平成26年6月頃)

    住民税の控除

    (A)
    (40,000 - 5,000) × 10% = 3,500 円
       寄付額下限額

    (B)
    (40,000 - 5,000)
    寄付額下限額
    × ( 90% - 10% )
    所得税の税率
    28,000 円
    平成26年度住民税所得割額が293,500円だったと仮定しますと住民税の所得割額の10%(29,350円)が上限となります。

    3,500 28,000 31,500 円 ((A)+(B))
    住民税からの税額控除額
    293,500
    所得割額
    31,500
    税額控除額
    262,000 円
    控除後の所得割額
                
  7. 納税 寄付金控除後の住民税を納税して下さい。
    所得税の控除
    3,800円
    住民税の控除
    31,500円
    控除の合計
    35,300円

 

yura_icon1.JPGあなたが、ふるさと納税の寄付をされた場合の寄付と税務申告の流れを図にしてみました。
 (平成25年中に寄付を頂いた場合)

ふるさと納税の寄付と税務申告の流れ

お問い合わせ

税務課
電話:0738-65-1802