地籍調査事業について

地籍調査事業についてこの調査は、土地の国勢調査ともいうべきもので、国土調査法(昭和26年6月1日法律第180号)に基づいて国土調査の一つとして行われる大切な調査です。

現在皆さんの土地の権利のもととなっている登記所備付けの「土地台帳(登記簿)」や「字限図(公図)」は明治の初めに地租を徴収するための目的でできたもので、当時の測量技術の幼稚と現況の移り変わりによって、今では現況と合わなくなり、大切な土地の境界及び位置等が不明確となる原因ともなっています。

地籍調査事業では正しい測量によって、新しく地図と帳簿(地籍図と地籍簿)を作り、皆さんの土地の正しい位置、形、地番、地目、面積を明らかにする調査なのです。自分の土地をはっきりさせておくことは、所有者である皆さんがしなければならないことですが、非常に多くのお金と労力を要し、個人ではなかなかできません。(この機会に正確な地図や帳簿ができるようにご協力をお願いします。)

これができますと、公共事業やその他個人の各種事業の計画を立てたり、作業をしたりするのにも大変役立つとともに、貴重な皆さんの財産である土地が自動的に確実に保護され、計り知れない利益をもたらすことになります。

お問い合わせ

産業建設課
産業振興班
電話:0738-65-1203